マッチングアプリPairs(ペアーズ)で婚活して結婚できたアラサーOLのブログ

東京で働くバリキャリOLがマッチングアプリで結婚した話

婚活に向けてやっておくべきこと

私達女性もタイプの男性がそれぞれなように、男性の好みの女性も人それぞれ。でも、これだけは婚活に向けて頑張っておきたいというポイントを経験談も踏まえて紹介します!

1.ダイエット


ただ単純に細くなりましょうという意味ではありません。健康や美容を意識した食事や生活をするという意味です。
人は見た目より中身とは言いますが、見た目がある程度のレベルの範囲に入らないと会話する意欲さえ持ってもらえません。アラサーになると、ぱっと見細くても何となく脂肪が多くなってきて締まりの無い体になりがちです。
体重を軽くする必要はありませんが、若さを保つのはやはり筋肉です。婚活でデートするのにも体力が必要ですから、食べる・寝る・運動する。が大切です。それができないような生活であれば転職が必要です 笑(私の転職の話も別の機会に書きます)
私も当時は激務で身長156cm体重36kgのガリガリだったのですが、転職してリズム整えたり運動したりして健康的な体を作りました!


2.美肌づくり


誰もが振り向くような美人...だったらこんなところで苦労してないですよね。多少顔の造形が悪くてブスも肌が綺麗というだけでかなり美しく見えます!肌が綺麗だと、化粧が濃くならずに済んだり、汚いところをカバーすることではなく、美しくなるためのメイクに集中できます。クマ消しやニキビ隠しに必死になっているのであれば特におススメです。
私は、24歳頃から自力でのお手入れに限界を感じたので、月に1回TBCのフェイシャルエステに通ってました。月に1万円くらいかかるのですが、自分のお手入れとはクオリティーが全然違います。肌が綺麗になることはもちろん、小顔にもなるし、マッサージしてくれるので気持ちのリフレッシュにもなります。
綺麗になるだけで、こんなに気の持ちようが違うかと思うくらいテンションも上がります。肌とは無関係ですが、すごく仕事のクオリティーも上がりました 笑


3.ファッションアイテムの棚卸し


もったいないから...と何年も同じ服を着ていませんか?年齢に合ってなかったり、流行遅れだったりしませんか?一旦全ての服を出して確認してみましょう。
まず、明日着て外に出たいと思えない服やアイテムは全て売るか捨てるかして処分します。お金をかけてでも保存したいほど思い出深いものはレンタル倉庫などに置きます。
次に、着ている年数について考えます。スーツやワイシャツなどあまり流行が変わらないものやコートなど着る頻度が少なかったり非常に高価なものを除いて5年以上着ている服を処分します。5年の歳月が経つと似合う服も気づかないうちにかなり変わります。肌のくすみが出てきたりするので、明るい色が似合わなくなってたりします。
処分して空いたスペースや、売って得たお金で婚活に使う勝負服を購入して入れます!私は、学生時代ロリータ風の服を着ていることが多かったのですが、気づかないうちに顔が大人っぽくなっていたり、細いけどハタチそこそこよりもガタイが良くなってたりして婚活前に一気に処分しました。(元彼との思い出もあったので、前に進むためでもありました)


4.家事・料理を極める


もし、明日から結婚生活をするとして、完璧に家事をこなせる自信はありますか?
女性が男性に対して、ある程度家族を養える能力があるか見ようとするのと同じように、男性も女性に対して家庭的かどうか見ています。一人暮らしの人は、実態はともかく、よっぽどひどくなければこの人も生きてるしある程度はできるのだろう...と思ってもらえますが、実家暮らしの人は正直大丈夫かな?と思われている可能性が高いです。
本気で結婚するつもりがあるのであれば、今のうちから練習しておきましょう。ちなみに私は学生というか子供の頃から料理は極めてきたので、歴代彼氏は手作りお菓子や料理などを使って胃袋掴つかんで落としたので、婚活の武器そのものにもなり得ます。


5.仕事・趣味を極める


何かに自信がある人というのは男性にも輝いて見えるそうです。直接、頑張っていることの内容そのものについて話す機会が無くても、キラキラしている姿を見せることが大切です。
婚活がうまくいっていないとネガティヴになったり病んだりしてしまう人もいるのですが、不思議なもので病んでいる時に寄ってくる人って自分をよりネガティヴな方向に引きずっていく人が多い気がします。ステキな結婚をするためにはまずは自分からポジティブなオーラを出すことが大切です。
特に仕事を極めることで、婚活はうまく行ってなくても仕事がうまく行くことで少し心のバランスを取りやすくなります。「結婚したい」という気持ちにはどうしても多少は自分の人生を自分一人で支える自信が無いという気持ちが含まれます。一人でもなんとかなるかも。と思うだけで全然違います。
また、最近の男性は共働きを望む人が多くなっています。日本の平均年収はどんどん下がっていて男性一人で家族を支えられないということもありますが...旦那さんの身に何かあったときに、愛する旦那さんや子供、それから自分自身を守れる力を持っておくことはすごく大切です。
私の場合は、もともと優しい旦那さんということもありますが、若い頃に仕事をしっかり頑張ったおかげで自分の方が年収が高いので、女性だからと家事を押し付けられることなく負担を平等にできています。

〜応用編〜


例えちょっとあざとくてもいい!という方にはこちらもおススメ!

・男っぽい趣味をつくる


女性は共感の生き物とか言われていますが、男性だって話の全く合わない人とは仲良くなれません。あまりにも女の子っぽい趣味ばかりだと、男性と話す話題に困ってしまいます。
少年ジャンプで、中高時代に流行った漫画を読んでおく。男性がやっていそうなスポーツを見る・やる。のような比較的簡単なことだけでもやっておくと話のつかみになります。どうしても自分の話を聞いてもらいたくなっちゃいますが、まずは相手の話を引き出すことに集中しましょう。
私は経験ないのですが、バイクや車、ワインなどを趣味にして、そのジャンルの交流会に行くと高収入の男性ばかりだ。という話も聞いたことがあるので、そういう男性を狙っている場合も効果的かも?

・各業界の仕事を勉強する


人間誰しも自分のことに興味持ってもらえたら嬉しいですよね。「どんなお仕事してるんですかー?」って良く質問すると思うのですが、そこで返ってきた答えからうまく話を広げられてますか?「すごーい!」って言うのはどの女の子にもできちゃいますよ?
「詳しくないので教えてください❤️」と言うにもある程度話を引き出す質問力がいるもの。各業界の人がどんな仕事をしていて、日頃どんなことに関心を持っているのか勉強しておきましょう。あんまり詳しすぎても引かれちゃいますが、狙った男性が話しやすい話題を振るスキルが身につくと好印象です。
私の場合は、広告代理店勤務なので、ありとあらゆる業界の仕事に詳しくなりすぎていて...旦那さんと初対面の時に蒸気タービンについて熱く語りすぎてドン引きされました...笑 でも、それが珍しくて私に興味を持ってくれたので、詳しすぎない程度に色々知っておくことは大切だと思います。


ありのままの自分を好きになってもらいたい!と何も努力しない人もいますが、相手に興味を持ってもらうだけでも結構難しいものです。人生で出会える男性には限りがありますので、まずは興味を持ってもらわないことにはいつまでも婚活のスタートラインに立てません。
逆に、一旦興味さえ持ってもらえれば、素の自分自身のギャップが意外性になって可愛いと思ってもらえることもあります。まずは、気になってもらえる自分を作るようにしましょう。

pairs3