マッチングアプリPairs(ペアーズ)で婚活して結婚できたアラサーOLのブログ

東京で働くバリキャリOLがマッチングアプリで結婚した話

結婚まで何年必要?30歳までに子供を一人産むには

20代で結婚して、30歳になるまでには子供が一人ほしいなぁーと考えている人も多いのではないでしょうか?でも、気づけばもう○○歳!?と自分自身で驚いてしまいます。社会人になるころには婚期が遅れないか気になりはじめ、25歳くらいで最初の結婚ラッシュが来て、29歳・30歳で駆け込み結婚ラッシュがあり、気づけば独身は自分だけなんてことになりたくないですよね…。

では、30歳までに子供を一人産むには何歳から婚活をすべきか逆算してみましょう!

** 30歳までに子供を一人産むための婚活スケジュール
やや大ざっばですが、わかりやすく一年ごとにするとこんな感じです。
30歳:産休・育休
29歳:妊娠・出産
28歳:新婚期間・結婚式・新婚旅行
27歳:婚約期間・入籍
26歳:交際期間(約1年と仮定)
25歳:婚活・デート・お付き合い開始
~24歳:婚活

交際期間1年と短く考えても25歳の終わりごろには結婚する相手、つまり最後の彼氏となる人とお付き合いを始めていないと間に合わない計算になります。私もそうだったのですが、プロポーズされたらすぐに結婚できて結婚式も挙げられるようなイメージを持っていたのですが、プロポーズされてから新婚旅行が終わるまでの一連の結婚儀式?が終わるまで結構かかるんですよ…。

** プロポーズされてから妊活できるまでが意外と長い…
デキ婚だったり、結婚式・新婚旅行をあきらめない限り、結婚が決まってからやることが意外と多いものです。時系列に沿ってプロポーズ後にやることをご説明します。
*** お互いの親への挨拶
自分と相手の両親に結婚の許可をもらいに行きます。一般的には新婦の家→新郎の家という順番で訪問します。よく再現ドラマとかで見る「お嬢さんを僕にください!!」とやるアレですね。実際には、「ください」ではなく、「○○さんとの結婚をお許しいただけないでしょうか」という感じで話します。
ここで、「娘は誰にもやらん!」みたいになって出直しになってしまうケースや、実家が遠方の場合は長期休暇にしか帰れないなどの問題が発生し、人によってはこの時点で結構長い時間を要します。
*** 指輪探し
プロポーズの時に婚約指輪はすでにもらっているかもしれませんが、結婚指輪は結婚が決まってから作るのが一般的です。お財布事情やこだわりとの相談にはなりますが、既製品でもサイズ調整や刻印をするので2週間-1カ月は必要です。オーダーメイドで作ると半年程度かかることも。
*** 婚姻届け提出に必要な書類集め
まずは肝心の婚姻届けを入手します。市役所に置いてあるほか、ゼクシィの付録や市販のものがあります。そして、自分たちの本籍ではないところで入籍する場合は戸籍謄本が必要で、郵送で取り寄せると2-3週間かかります。
*** 両家顔合わせ・結納
両家の家族の顔合わせをします。お互いの兄弟や実家に同居している家族を集め、家族を紹介しあいます。昔は結納をしていたケースが多いようですが、近年はホテルやちょっといいレストランで食事会を開くことが多くなっています。
彼とお休みを合わせないといけないのはもちろん、最近は両親も働いていることが多いので予定の調整に少し苦戦するかもしれません。これも、実家の近くでやろうとしたりすると長期休暇にやる必要があって、また時間がかかります。
ちなみに、この場で婚姻届けに証人のサインをもらうと効率的です。
*** 結婚式場探し
あんまりこだわりが無かったり、挙げたいエリアが決まっている場合はすぐに決まりますが、こだわりがあったり、色々と悩んでしまうと時間がかかります。どんなに頑張っても一日で二か所くらいしかまわれないし、結構体力をつかうので、数カ月かかることも。
*** 入籍
婚姻届を市役所に出しに行きます。よっぽど混んでいなければこれはすぐに終わります。忙しい人は夜間でも出すことができます。

ひとまず、ここまでが婚約期間中にやることです。短くても半年くらいはかかるのが普通のようです。お互いの実家が近ければGWに親の挨拶から両家顔合わせまで一気に済ませるようなこともできますが、実家が遠かったり休みが合わなかったりすると長期化します。単純に婚約期間を長めに取ってラブラブしたい!という人もいるかと思うので、長いことが一概に良くないわけではないですが、タイムリミットを考えると効率的に進めたいですね。

続いて、入籍後にすることを紹介します。
*** 結婚式の準備
結婚式までは半年~一年の準備期間があります。半年というと長く感じますが、ドレスを選んだり、招待状などのペーパーアイテムを作ったり、ムービーを作ったり…とあっという間に過ぎてゆきます。貯金があまりなかった場合は時期を先にして、貯金する期間をつくる場合もあります。すでに妊娠していて…とか、おばあちゃんの余命が…みたいな事情が無い限りは半年以上先にするのが安心です。
*** 新婚旅行(ハネムーン)の行き先決め
二人でどんな場所に行きたいか、予算は…など話し合って決めます。行き先さえ決まれば予約するのはそれほど時間はかからないので、意見が割れたりしなければ数日あれば完了します。
*** 結婚式
長くもあっという間の準備期間を経て、ようやく結婚式を挙げることができます。いままでお世話になった方や友達、育ててくれた両親に感謝をつたえ、祝福してもらいます。人生のなかでも数少ない自分が主役になれる幸せな瞬間です。
*** 新婚旅行
ようやく最後に新婚旅行に行きます。お仕事の都合によっては、長期休暇に合わせないと休みが取れなかったりすると、挙式から新婚旅行までも期間があいてしまうことも…。ただ、結婚式を挙げるまでは、お腹の大きさや体調のことも考えて子供を作らない人が多いと思うのですが、ここまでくるともう気にしなくてOKです。ようやくここから妊活解禁となります。

一つ一つ並べてみると、プロポーズされてから妊活できるまでの期間だけでもかなり時間がかかることがわかりますよね。でも、新婚旅行までは自分たちの力で進行してゆけるので、計画的に進めることができます。問題は、妊活解禁後…子供が授かるかどうかはコントロールできませんよね?すぐ授かるかもしれないけど、何カ月も何年もかかるかもしれない…そう思うと30歳までに子供を一人産もうと思うと一日でも早く婚活をした方がよいことがわかりますね。

pairs3