マッチングアプリPairs(ペアーズ)で婚活して結婚できたアラサーOLのブログ

東京で働くバリキャリOLがマッチングアプリで結婚した話

マッチングアプリPairsを使って婚活をはじめた理由

婚活を始めた時期

私が婚活を本格的にはじめたのはもうすぐ社会人3年目の、23歳の終わり頃でした。23歳になってすぐ半同棲していた彼氏と別れたものの...同じ会社の同期で、同じ通りに住んでるからとすぐ遊びに来て荷物を置いていってしまう彼と1年近く貴重な若い時間をすごーく無駄な時間を過ごしてしまいました。

しかし、他に新しい彼女ができたことを察知して私は新しい恋を探すことにしました。
(この時のモラハラ彼氏の話はまた今度...!)

最初は合コンから

まず、婚活ではじめたのは手っ取り早い合コンでした。ちょうど、私が婚活をはじめた頃に婚約破棄された職場の仲のいい先輩がいて、一緒に婚活をすることになりました。先輩はとても人脈が広くて、何度も合コンを開いてくれました。

でも...1回の合コンで出会えるのは多くても5人くらい。面食いでは無いけど、全くタイプの人ではなかった場合、着いた瞬間から帰りたくなるし、その後の数時間は無駄な時間になっちゃう...。もちろん営業スマイルで感じよく話は盛り上げるけど、すごく疲れちゃいますよね。

仮に、後日デートをしたとしても、お互いを結婚相手として考えられるくらいまでよく知るには時間がかかっちゃいます。残酷なようですが、結婚って「かっこいいな」「好きだな」ってだけでは考えられないもので、年収とか仕事ぶりとか、自分以外の人に対する態度とか家事スキルとか、家柄とか...色々と見て考える必要があります。長年の付き合いのある友達でさえ年収なんて聞き出せないのに、合コンで知り合った人のスペック情報を聞き出すのにどれだけ時間がかかることやら...あー無理、こんなに効率悪いと20代で結婚なんてできなそう...。ということで、結婚を急いでいる私には合コンは向いてないと思いやめました。(お酒飲めないのにめっちゃお金かかるのもしんどかった)

出会いの多いパーティーに方向転換

次に始めたのが、同業界・同年代の交流パーティーに行くこと。私の場合はweb業界20代クリスマス会 みたいなものです。あくまでも婚活パーティーではなく、真面目な交流会です。まぁ、これも合コンで知り合った同業界の若手社長主催のパーティーで知り合った人が開いているものなので、合コンの延長ではあるのですが...。

パーティーのいいところは、なんといっても人数の多さ。婚活はある程度確率論な部分もあるので、これは非常に大切なポイントです。あと、いい意味で婚活を目当てにしていない人達が集まるので、自然な会話ができますし、出会う人と同じ会社の人も来ていたりするので、そこで一気に人柄や仕事ぶり、普段の様子や会社でのポジションを自然に情報として得ることができます。同業界なので、社名と年次と部署やスキルを聞けば年収や出世しそうかは簡単に推測できます。

同業界のパーティーでは、本当に得るものが多くて、この中からその後仕事関係の真面目なやりとりを通して、何回かデートした人もいました...!私はお付き合いには至らずでしたが、ここで出会った人達は今でも仕事上のパートナーでい続けています!勉強会を開いてくれるようなすごく熱心な人達で、結婚とは直接関係なかったけど人生をとても豊かにしてくれる人達との出会いがありました。(もちろん婚活目当てのパーティーじゃないので女性の方とも知り合いました)

ここで気づいたのは、やはり出会いの母数がとても大切であることでした。...学校のクラスを思い浮かべた時、40人のクラスだと異性は20人程度。果たして、その異性の中で好きになる人ってどのくらいでしょうか...?多くても3人くらいではないでしょうか。では、その中で両思いななるのは?お付き合いできるのは?別れずに長くつづくのは?結婚できるのは?...と考えていくと、ある程度婚活は出会いの数が重要であると考えられますよね。

やっとそれに気づいたのは社会人4年目。25歳になったばかりという時。ここで、Pairsと出会うことになります。

Pairsを使い始めた理由

もともとFacebookにしつこく出てくる広告のおかげで大学生の頃から名前自体は認知してました。でも、時代もあっていかがわしいものだと思ってブロックしてました 笑

たまたま参加していたアプリの勉強会で、PairsとTinderのUIやプッシュ通知の出し方の違いについてお話されていた方がいて、そこではじめてpairsが思っていたいかがわしい感じのものではなく、結構クリーンなものなのだということを知り、Pairsに対するイメージが変わりました。

何より、Pairsを使っているということを大人数の前でしゃべっても平気なものなんだ!という空気を感じてすごく勇気が持てました。

ちょっと悩みつつも結婚の目標だった25歳にすでになってしまっていた焦りもあってゴールデンウィークに入ってすぐに登録しました。

pairs3