マッチングアプリPairs(ペアーズ)で婚活して結婚できたアラサーOLのブログ

東京で働くバリキャリOLがマッチングアプリで結婚した話

Pairsで本当に結婚できるの?Pairsの結婚体験談

マッチングアプリを使おうか迷ったり、使いはじめたら気になるのが本当に結婚できるのかということですね。当然、親世代にはマッチングアプリで結婚した人はおらず、私たちの世代特有の出会い方になるので、そもそも人数が限られます。また、ちょっとまだ恥ずかしくて人には言えない...という人もいるので、なかなか生の経験談を聞けませんよね。

結論。マッチングアプリで結婚はできる

何を隠そう、私はマッチングアプリのPairsで結婚しました!なので、結婚はできます!大丈夫です!

Pairsで結婚した人の一人として、アプリを使いはじめてから結婚するまでの流れを紹介したいと思います。

Pairsとの出会い

最初にPairsの存在を知ったのは大学生の頃でした。いつのまにか「いいね!」を押してしまい、タイムラインに投稿が流れるように...。ただ、その時は20歳になるかならないかの年齢で18禁の出会い系なんて...。親にタイムライン見られたらヤバイ。という感覚。ブロックしてサヨナラしてしまいました。(ごめんなさい)

Pairsと再会したのは6年後、25歳の春でした。アプリの分析ツールのセミナーでPairsが例として出てきました。その時、結婚に焦っていたのと、登壇者の人が堂々とPairsを使っている話をするのを見て、恥ずかしくないものなんだ!と思い、数日悩んでから登録しました。

マッチングアプリ迷走期

使いはじめて数日、Pairsに慣れはじめたこともあり、私のマーケターとしての血が騒ぎはじめ、複数のマッチングアプリをダウンロードして比較しはじめます。結果には出会いの母数が必要なことも気づいていたので、たくさん出会えた方がいいと思ったのも理由のひとつでした。

その時は、「ゼクシィ縁結び」「with」をダウンロードしました。ただ、ゼクシィ縁結びは男性登録者が少なく、割とゆるい条件で絞り込んでもいいなと思える男性がおらず...。withは最初に占いみたいな診断をして、その相性でマッチングしてくれるのですが、私が占いを信じないリアリストで感情移入しにくいものでした。また、Pairsと同じ男性を見ることが多くなって、PairsでNGと思った人をブロックしたりする作業が大変だったり、単純にやり取りする数が増えるのでメッセを返すのが大変すぎました。結局Pairsが登録者が多く、UIが使いやすかったので、一つに絞ってしまいました。

デートしまくり期

私は、Pairsを利用した1ヶ月半で5人の男性と会いました。短期集中と思っていたので、土日に午前1人、午後1人と会うみたいな過密スケジュールでデートをしました。

正直体力的にきつかったのですが、平行して結婚できるか検討しないと、後から「やっぱりあの人がよかった...」となっても、もう退会している可能性もあるし、メッセージをやり取りする相手が増えると返事が大変なので、早めにジャッジしないと。と思って、予定をギュッと詰めました。

交際検討期

今の旦那さんは3人目に会った人だったのですが、一目見たときに「私、この人と結婚する!」ってなぜが思いました。人生で一度もそんなこと思った事なんてもちろん無く、まだ一言もしゃべってないのに...と、自分でもビックリでした。なので、この瞬間から交際...いや、この人と結婚したいということを考え始めました。

ただ、彼は出張が多い仕事で、はじめて会ってから3週間の出張に出てしまい、すぐに2回目のデートをすることができませんでした。その分、検討できる時間も多く、念のためさらに2人会ってみました。あと、かつての同級生や職場の同僚など、思いつく限りの男性と比較して旦那さんと付き合っても良いか考えました。年齢的に次に付き合う人と結婚すると思っていて、失敗もできないので慎重かつスピーディーな決断が必要でした。

恋人期

3回目のデートで告白され、お付き合いすることに。私の職場がお互いの家の中間地点だったので、仕事帰りにデートを重ねて一気に距離を詰めました。

居候期

交際2ヶ月目に彼の出張先が私の家の近所になり、私の家に住みはじめます。一緒に住みはじめても生活に全く違和感が無く、ケンカもしませんでした。むしろ、大人が二人いることで、家に帰ったら洗濯が終わっていることや掃除がすぐに終わること、一度にたくさん食料が買えたりと快適でした。何より、一人暮らしも長くなってきて仕事の責任も重くなってきていたので、帰ったら迎えてくれる人がいるあたたかさに感動しました。

同棲期

彼の出張が終わる頃、同棲の話が出ました。私は当時品川区のマンションに住んでいて、10万近い家賃を払い続けていました。電気・ガス・水道・食費・定期代など最小限の出費でも結構なお金が出ていて、負担でした。結婚も考えると、もっと貯金しないといけなかったので、私の親に挨拶に行き、二人で物件を探して一緒に住みはじめました。

結婚準備期

交際10ヶ月目にプロポーズされ、挨拶やら両家顔合わせやらをしているうちにあっという間に入籍の日が来て、交際ジャスト1年で結婚しました。

マッチングアプリなんて、ただヤりたいだけの体目当ての人がいたり、サクラがいたり、彼女が欲しいだけで結婚は考えてない人もいるんでしょ?なんて懐疑的になりがちですが、ちゃんと真剣に婚活している男性もいて、最終的に結婚もできます!なので、疑ったり不安に思ったりせず、まずははじめてみることが大切だと思います。万が一嫌になったらやめればいいんですから 笑

 

私以外にも沢山の結婚した人がいます。下のリンクからレポートを見られるので、参考にしてみてくださいね!

 

 

pairs3